海上保安庁用語集
機動救難隊

海難船舶の遭難者や海上の漂流者をヘリにより迅速に救助するため、各所の航空基地に配置された専門チームで、ヘリからの降下技術や潜水技術を有する。また、隊員の約半数は救急救命士の資格も持っていて、救助・救命の両面で活躍している。いわば管区版の特救隊。所属管区及び、その近隣管区が活動範囲となる。現在までに、第一管区・函館航空基地、第二管区・仙台航空基地、第五管区・関西空港海上保安航空基地、第七管区・福岡航空基地、第八管区・美保航空基地、第九管区・新潟航空基地、第十管区・鹿児島航空基地、第十一管区・那覇航空基地の全国8カ所にある航空基地に配置されている。大輔もかつては第十管区の機動救難士で、大型フェリー・くろーばー号事故、天然ガスプラント・レガリア事故に対応。また、服部は第七管区から異動して、現在は第五管区の機動救難士となっている。

特殊救難隊

戻る
「BRAVE HEARTS 海猿」TOPへ

(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン 東宝 小学館 エー・チーム FNS27社